• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • 低視力の方はこちら

近視矯正、LASIK、PRKは新城眼科分院へ

オルソケラトロジー、コンタクトレンズ、緑内障、硝子体、各種手術・目に関する相談は新城眼科(本院)へ

検査について

基本的な検査

視力検査

眼で物を見る能力を調べる最も基本的な検査です。視力を測ることにより眼科的疾患の進行具合の程度を知る目安の1つになります。

眼圧検査

眼球の固さを測定し、眼球内圧の変化を調べる検査です。角膜に空気を当てて測定する方法と、点眼麻酔薬を点眼して角膜に器具を当てて測定する方法があります。

屈折検査

遠視・近視・乱視の程度を測定します。この値をもとに、矯正視力検査を行います。

白内障 手術前検査

IOLマスター

眼球の長さ(角膜から網膜までの奥行)と角膜の形を測定し、白内障手術で用いる眼内レンズの度数を自動計算します。

超音波眼軸長測定(Aモード)

眼球の長さを超音波で測定する検査です。IOLマスターでは測定が難しい方や、左右の眼の長さに差のある方に行います。

角膜形状解析装置

角膜の形をみる検査です。手術の前後、コンタクトレンズの処方、円錐角膜の診断等に用います。

角膜内皮細胞顕微鏡検査

角膜の内皮細胞を調べる検査です。この内皮細胞は再生せず、減少すると角膜に障害が起こります。白内障の手術前後、コンタクトレンズ装用中の方は定期的に必要な検査です。

レーザー前房蛋白細胞検査

眼の中の炎症を調べる検査です。手術の前後や、ぶどう膜炎などの炎症の疾患に行います。

ERG(網膜電位図)

コンタクトレンズ型の電極を用いて、網膜の光に対する反応を調べます。点眼麻酔をするので痛みはありません。

緑内障検査

視野検査(ゴールドマン視野検査、ハンフリー視野検査、FDT)

見える範囲や感度を調べる検査です。緑内障をはじめ、様々な眼底疾患にも必要となる検査です。また、この検査で脳の病気が分かることもあります。

HRT II (ハイデルベルグレチナトモグラフII)

視神経の形や大きさ、深さを撮影し、緑内障診断に用います。

カシア(前眼部光干渉断層撮影)

特殊な光を用いて眼球の前面(角膜から水晶体まで)の断層写真を立体的に撮影します。

網膜疾患の検査

眼底カメラ

目に光を当てて眼底(網膜)の写真を撮ります。目の奥にある出血の有無や、血管の状態、神経の形や大きさなどをみることができます。

OCT(光干渉断層撮影)

網膜や、目の神経の断面を撮影します。黄斑変性、糖尿病性網膜症などの網膜疾患、緑内障などの診断にとても有用な器械です。当院では、立体的に撮影できる機械を2台導入しています。

螢光眼底造影検査

腕の血管に造影剤を注射して、造影剤が目の奥の血管に流れてくる様子を写真に撮ります。血流の状態や出血、通常の眼底検査では発見が困難な病変を詳しく調べることができます。

斜視の検査

眼位検査

目の位置ずれ(斜視)の状態を検査します。プリズムを使ってずれの大きさもわかります。

眼球運動検査・HESS赤緑試験

いろいろな方向を見るために必要な、眼球を動かす筋肉のバランスを検査します。上下、左右、斜めの方向で、目の位置ずれや目の動きを調べます。

シノプト(大型弱視鏡)

右眼と左眼に別々のスライドを見せ、それがどのように見えるかを検査します。両眼で見る力や立体感などの程度、左右眼の位置ずれ(斜視)の状態がわかります。

立体視

物を立体的に見る力を検査します。斜視がある場合や、視力の左右差が大きいと立体感が弱くなります。

その他の検査

涙液検査

涙の量を調べる検査です。ドライアイの有無や程度を知るのに用います。

超音波検査(Bモード)

眼底出血や白内障等で濁りが強く眼底を詳しく見ることが出来ない方に行う検査です。網膜剥離等がないかを確認します。

コントラスト感度

視標の大きさや濃さを変え、どの程度の明暗差まで視標の判別ができるかを測定します。

色覚検査

色の見え方や感じ方を検査し、色覚異常の有無と程度を調べます。

CFF(中心フリッカー)

視神経疾患が疑われる場合に、視神経の機能を調べる検査です。