近視矯正手術、LASIK、PRK、iDesign-iLASIK、オルソケラトロジー、コンタクトレンズ、目に関するご相談は新城眼科医院・新城眼科分院へ

B-Epi-LASIKの手術

Amoils Epithelial Scrubberを用いて手術を行います。

特殊なブラシを使用して、角膜の表面を薄く取り除いた後、エキシマレーザーを照射して角膜の形状を平坦化させる方法です。

角膜を平坦化させることによって、角膜の屈折力が変わり、焦点が後方にずれてピントが網膜上で合う状態となります。

麻酔の点眼を行います。
ブラシで角膜の表面(上皮細胞)を切除します。
エキシマレーザーを照射して、近視、遠視、乱視を矯正します。
保護のコンタクトレンズをのせて終了します。