近視矯正手術、LASIK、PRK、iDesign-iLASIK、オルソケラトロジー、コンタクトレンズ、目に関するご相談は新城眼科医院・新城眼科分院へ

ICL手術について

ICL(アイシーエル)は、小さなレンズを目の中に移植(インプラント)して近視や乱視を矯正し、裸眼視力を回復させる新しい視力矯正手術です。レンズを黒目(虹彩)の裏側の後房と呼ぶ位置に固定するので「有水晶体後房レンズ」、「フェイキックIOL(Phakic IOL)」(phakicは水晶体の英語名)、あるいは「有水晶体眼内レンズ」ともいいます。

手術方法

ICLの歴史

ICL(アイシーエル)自体は、20年以上の歴史があり、現在ではヨーロッパ諸国、アメリカ、韓国、中国など世界各国で薬事承認されています。

日本でも国内治験の結果からICL(アイシーエル)の有効性と安全性が認められ、高度管理医療機器「有水晶体後房レンズ」として2010年には近視矯正用レンズが、2011年には乱視矯正も行えるトーリックレンズが厚生労働省から承認を受けています。

医療機器製造販売承認番号:22200BZY00001000

ICLの特徴

当院では従来型のICLレンズの欠点を改良した hole-ICL(ホールアイシーエル)レンズを採用しています。(2014年厚生労働省認可)

レンズ中央に0.36mmの貫通孔を得ることにより、房水循環の維持が可能になり、術前の虹彩切開が不要になるほか、術後の眼圧上昇や白内障進行のリスクが軽減されます。

ICL手術費用

手術費用には下記のものが含まれています。

ICLの検査

ICL手術ご希望の方は、はじめに適応検査を受けていただきます。
検査がすべて予約制になりますので、お電話にてご予約をお願いいたします。
ICLの適応検査は火曜日・水曜日の夕方15:30のお時間でご予約をお取りしています。

所要時間:3時間程度

※散瞳検査がございます。お車を運転してお帰りになることは危険になりますのでお控えください。

その他、ICL手術について詳しく知りたい方はICLバナーをクリック。

強度近視なら「ICL」