近視矯正手術、LASIK、PRK、iDesign-iLASIK、オルソケラトロジー、コンタクトレンズ、目に関するご相談は新城眼科医院・新城眼科分院へ

iDesign-iLASIKの手術

人間の角膜表面には高次収差と呼ばれる細かな凹凸があります。

従来のLASIK(現在はイントラLASIKとして行っています)が、近視と乱視を矯正するのに対して、iDesign-iLASIKは、近視、乱視のみならずその細かな凹凸までも精密に解析し矯正する方法です。

細かな凹凸を解析するには、光が眼をどのように通過するかを波面に置き換えて表現する「iDesign解析装置」を用います。

iDesign解析装置
AMO社
iDesign解析装置

手術の手技そのものは、従来のLASIKとほぼ同じですが、iDesign解析装置で得られた情報をもとにレーザー照射が行われます。

このiDesign-iLASIKを行うことによって夜間視力の向上やよりクリアな見え方が期待できます。