近視矯正手術、LASIK、PRK、iDesign-iLASIK、オルソケラトロジー、コンタクトレンズ、目に関するご相談は新城眼科医院・新城眼科分院へ

手術の適応と術後

適応

近視矯正手術は特別危険な手術ではありませんが、誰でも受けられるというものではありません。
角膜の状態、全身疾患の有無によっては避けた方がよい場合もあります。しっかりと適応を見極めることが必要です。

【年齢】

18歳以上から受けられることになっています。
未成年者は親権者の同意を必要とします。近視度数が安定している場合に行うことを原則としています。

【角膜の状態】

【眼の疾患】

ヘルペスや円錐角膜などの角膜の疾患、緑内障、網膜疾患などがある方は手術の適応とはなりません。

【全身疾患、その他】

下記のような方も手術の適応とはなりません。

手術方法(イントラLASIK、PRK、B-Epi-LASIK、iDesign-iLASIK)によっても適応が異なります。適応検査を受けて頂いた上で、医師の判断、ご本人の意思の確認によって手術の可否、手術方法を決定していきます。

術後

手術後は、その手術の効果がでているか、合併症が出ていないかなど、定期的に検査をすることがとても重要です。
手術後は日常生活において、注意が必要な項目があります。

術後生活指標図