• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • 低視力の方はこちら

近視矯正、LASIK、PRKは新城眼科分院へ

オルソケラトロジー、コンタクトレンズ、緑内障、硝子体、各種手術・目に関する相談は新城眼科(本院)へ

緑内障

当院の方針

緑内障に対して、最新の器具を用いて、定期検査を施行し、必要があれば積極的にトラベクロトミー、トラベクレクトミー、トラベクトーム手術などを行います。

緑内障とはどのような病気か

目は黒目である角膜、白目である強膜により形作られています。眼の中の圧が低すぎると、しわがより、ものが歪んで見えます。圧が高いと網膜より光の信号を脳に伝える神経が、障害されて見えなくなります。これが緑内障という病気です。この眼の中の圧を眼圧といい、正常は10~20mmHgで平均は15前後です。昔は眼圧が高くなり、神経が障害される例がほとんどと考えられていましたが、最近の研究で、日本人では眼圧が正常範囲であるにもかかわらず、神経が障害される正常眼圧緑内障がほとんどであることが明らかにされました。

緑内障はどのように診断するのか

緑内障は基本的に4つ検査結果を基に診断し、病気の進み具合を評価します。

眼圧

眼の硬さを示します。

隅角

眼の中で毛様体というところで房水が作られ、隅角の線維柱帯という部分から流れ出ていきます。この部分の状態を見て、緑内障の原因を調べます。

視神経乳頭

中央部が陥凹しているのですが、病気が進行すると陥凹部分が拡大してきます。初期の変化や進行の状態を知ることが出来ます。

視野

見える範囲を知る検査で、視標が動く動的視野とコンピューターで処置する静的視野があります。 病気の進行状態で使い分けます。

さらに当院では、最新の機械を導入しています。視神経乳頭の形態の変化をより詳細に調べたりする乳頭解析装置HRT2や、さらに眼底の視神経層の厚さを直接測定する光干渉断層計OCTを使用して、病気の進行を評価しています。

緑内障の治療1

ベース眼圧の測定

初めて診察するときは、どのような状態にあるのか、点眼などを使用せず、眼の状態を3回は調べます。その間に、前述したように隅角、視神経乳頭、視野、神経線維層厚を調べます。

目標眼圧の設定

治療は、視神経の状態により目標眼圧を設定します。

点眼治療

目標眼圧を維持するためにまずは点眼治療を行います。1剤から開始、不十分ならもう1剤追加、最終的には2~3剤程度で経過観察します。最近は合剤といって2つの成分が含まれている点眼薬が使用できるようになりました。

定期検査

1~3ヶ月毎に眼圧測定、6ヶ月毎に視野検査、OCT検査、乳頭解析検査を行います。

緑内障治療2 手術療法

定期検査を行っている間に、眼圧上昇が続き、視野の進行がある場合は、また白内障が進行してきた場合は、手術を検討します。

レーザー治療

いままでの経験から、効果が長期間安定しないので、当院では通常は施行しておりません。

線維柱帯切開術(トラベクロトミー 以下ロトミー)

非常に安全な手術で重篤な合併症は、ほとんどありません。白内障手術と組み合わせることで、ほとんどの例で緑内障点眼を中止することができます。手術がやや難しい点、術後眼圧が、白内障との同時手術で約14mmHg前後にコントロールされ、10前後の低い眼圧が得られにくい欠点があります。当院では多くの手術を行っており、安定した成績を得ています。

線維柱帯切除術(トラベクレクトミー 以下レクトミー)

眼の中から結膜の下に新しい房水の通路を作成する手術で、10前後の低い術後眼圧が可能です。しかし一般的は低眼圧や浅前房、術後濾過胞感染など、長期的に合併症を生じる可能性があります。当院では縫合の方法やリカバリーポートという術後眼圧上昇に対応する工夫をするなど、安全でかつ術後眼圧が低くなるように努めています。

トラベクトーム(Trabectome)手術

アメリカで開発された器具を用いて、前房側から線維柱帯を切除する新しい方法です。
結膜を切ることなく、角膜の小さな切開創から施行できるため、今後初回手術に積極的に用いる予定です。

最後に

緑内障は、病気になると一生検査や治療が必要な病気です。定期検査が非常に重要です。

そのためにも、よい主治医を見つけることが重要です。また手術という治療もあり、時期を誤らずに検討する必要があります。心配ならまず診察を受けられることを勧めます。