• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • 低視力の方はこちら

近視矯正、LASIK、PRKは新城眼科分院へ

オルソケラトロジー、コンタクトレンズ、緑内障、硝子体、各種手術・目に関する相談は新城眼科(本院)へ

涙道疾患

涙道疾患について

先天性鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)

生まれて間もなくメヤニや涙が出て、目薬による治療でも改善しない場合、これが疑われます。

症状が強い場合には、ブジーによる治療を行います。

大人の鼻涙管閉塞

大人でも涙やメヤニが続き、点眼治療をしているのに軽快しない場合、これが疑われます。

軽症なら“涙管通水”といって生理食塩水で涙道を洗浄する処置を定期的に行うことで軽快することがあります。

しかし、炎症が長く続いた為に、涙道粘膜の狭窄・癒着が生じている場合は、涙道ファイバーと呼ばれる内視鏡で涙道を観察しながら閉塞部位を開放し、シリコンチューブを挿入します。

チューブは2~3ヶ月間留置した後、抜去します。

大人の慢性涙嚢炎

さらに重症で涙道が完全に閉塞し、涙嚢に膿が貯溜した状態(慢性涙嚢炎症)に対しては涙嚢鼻腔吻合術を行います。

数日間の入院が必要となります。

大人の急性涙嚢炎

局部が急激に腫れて赤くなります。痛みも強い急性涙嚢炎では、抗菌剤の点滴や点眼で炎症が収まってから涙嚢鼻腔吻合術を行います。