• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • 低視力の方はこちら

近視矯正、LASIK、PRKは新城眼科分院へ

オルソケラトロジー、コンタクトレンズ、緑内障、硝子体、各種手術・目に関する相談は新城眼科(本院)へ

疾患と治療方針

当院では診察を丁寧に行い症状をしっかりと把握し、分かりやすくご説明した上で、細かな検査を実施いたします。症状や検査方法について、不明な点、不安な部分などございましたら、ぜひご相談ください。患者様に納得頂けるよう、ご説明させて頂きます。

白内障

カメラのレンズにあたるところを水晶体といいますが、この部分がいろいろな理由で白く濁ってくる状態を白内障と呼びます。水晶体が濁り始めると、ものがかすんだり、ニ重に見えたり、まぶしく見えたりし、進行すれば必ず視力が低下します。

緑内障

目は黒目である角膜、白目である強膜により形作られています。眼の中の圧が低すぎると、しわがより、ものが歪んで見えます。圧が高いと網膜より光の信号を脳に伝える神経が、障害されて見えなくなります。これが緑内障という病気です。

硝子体疾患

目の前に「黒いものが飛ぶ」ことを眼科では飛蚊(ひぶん)症 といいます。蚊が飛んでいるように見えるという意味ですが、実際にはこの他に水玉、ハエ、黒いスス、糸くず、お玉じゃくし、輪などが見えることもあります。

網膜剥離

網膜は、外から眼球内に入る光の刺激を電気の信号に変える働きをしている。その働きを維持するためには、多くのエネルギーが必要で、網膜の外側にある脈絡膜からの栄養や酸素の供給がないと維持出来ません。

黄斑

眼球後方の内面に広がっている網膜(カメラでいうとフィルムにあたる部分)の中心部で字を読んだり、物の形を認識するための重要な細胞が集まっている部分が黄斑です。また黄斑の中心部には中心窩という最も重要な部分があり、この部分に異常をきたすと、視力の低下がさらに深刻になります。

糖尿病網膜症

糖尿病になり、血糖コントロールが不良のまま長期間経過すると、眼の中の網膜の中にある血管が障害されてきます。状態により3つに分類されます。場合によっては自覚症状がでたときは、病気は重症化している場合が多く見られます。

網膜静脈閉塞症

高齢になると、動脈硬化や高血圧などを生じ、動脈が硬くなってしまいます。その結果硬くなった動脈が柔らかい静脈を圧迫して、時に詰まってしまいます。その結果動脈を通して、入ってきた血液が、静脈から帰れなくなり、網膜内にしみ出してしまいます。これが静脈閉塞症です。

眼瞼疾患

上瞼が下がって来る状態です。長年ハードコンタクトレンズを装用している方、白内障や硝子体手術などの眼の手術を何度も受けた方、年をとって自然に瞼が下がってきた方など、原因はさまざまです。

斜視・弱視

斜視とは両眼の視線が正しく目標に向かわない状態で、眼位の異常とみなされています。 その他に、色々な斜視症状(異常対応、弱視など)を伴っています。 従って斜視は、眼位異常を外見的な徴候としてもつ症候群です。 (「視能矯正」より)

涙道疾患

涙やメヤニ、炎症が続く場合、この症状が疑われます。子どもから大人まで発症する可能性があり、症状によって治療方法が異なります。

ICL

ICLを使用した視力矯正とは、ソフトコンタクトレンズのような柔らかいレンズ(ICL)を眼の中に挿入して、近視を矯正する方法です。 眼の中にレンズを置くため、ハードコンタクトレンズのように日常生活の中で外れてしまうこともなく、異物感もまったくありません。 さらに日々の面倒なお手入れからも解放されます。