新城眼科医院

目の豆知識
白内障とは

 カメラのレンズにあたるところを水晶体といいますが、この部分がいろいろな理由で白く濁ってくる状態を白内障と呼びます。

  白内障の原因の最も多いものは、加齢現象によるもので、一般に老人性白内障と呼ばれるものです。早い人では40歳台からはじまり、80歳台ではくわしく検査すれば大部分の人が白内障になっています。その他に外傷によるもの、他の目の病気に続いて起こるもの、薬物中毒によるもの、先天性のものなどがあります。

 水晶体が濁り始めると、ものがかすんだり、ニ重に見えたり、まぶしく見えたりし、進行すれば必ず視力が低下します。

もどる