新城眼科医院

目の豆知識
飛蚊症あれこれ

飛蚊症のことばの意味
目の前に「黒いものが飛ぶ」ことを眼科では飛蚊(ひぶん)症といいます。蚊が飛んでいるように見えるという意味ですが、実際にはこの他に水玉、ハエ、黒いスス、糸くず、お玉じゃくし、輪などが見えることもあります。また黒いものから透明なものまで色もさまざまで、数も1個から数個、時に多数のこともあります。これらのものは目を動かすとふわっといった感じで目といっしょに動いてみえます。

硝子体について
正常の眼球断面図飛蚊症は眼球の硝子体に濁りができたためにおこる症状です。硝子体は水晶体(眼のレンズ)の後方から網膜に達するまでの眼球の大部分を占めています。その中には生玉子の白身のような透明でドロッとした物質がつまっています。目の一番目にある透明な角膜、その後方の前房、水晶体を通ってきた光は硝子体を通過して網膜に達して物が見えるわけです。

飛蚊症を自覚したら眼科を受診する
飛蚊症を自覚したら眼科を受診し、精密検査をうけ、放置しておいてよいものかどうかを診てもらうことが大切です。特に60歳前後に突然飛蚊症を自覚した場合にはなるべく早く眼科医を訪ね、後部硝子体剥離の有無、後部硝子剥離によって生じる可能性のある病気、とくに網膜裂孔の有無をチェックしてもらうことが大切です。

原因に応じた治療の早期開始が大切である
網膜裂孔以外のものでも早期治療が大切です。たとえば硝子体出血の場合にも出血の原因を調べてもらうことによって適切な治療がうけられるでしょう。ぶどう膜炎でも原因の精査と原因に応じた治療が必要です。
何も治療を必要とするような病気のなかった場合には、飛蚊症をあまり気にせず、眼科で時々チェックしてもらい、今まで通りの生活を続ければよいわけです。

もどる